2019.09.12

 

こんばんは、N子です。

今日は少し涼しいような気がしますが…秋が待ち遠しいですね( ;∀;)

 

本日は、白黒揃ったので、こちらのコンパクトフィルムカメラをご紹介。

 

MINOLTA HI-MATIC E

 

 

1962年から始まるMINOLTA HI-MATICシリーズの一員。

1971年に発売されているので、初代から約10年が経過していますね~…ロングセラーシリーズです。

 

こちら、プログラムEE機なので露出等にこだわった撮影には不向きだし、電池がないと動かんし、何がそんなに良いんだ!?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

レンズをよーくご覧ください。

ROKKOR-QF…40mmのF1.7。どこかで近いものを見たような…。

 

そうなんです、1973年にライツ社と提携して発売された、Leitz minolta CL(国内名)レンズ M-ROKKOR-QF 40/2 の元となったレンズと言われています~~(^^)/

HI-MATIC Eのレンズの方が明るいんですね。

 

 

 

上記は、CL用ではなくCLE用レンズなので"QF"表記はもうありませんが…。

ちなみに、ROKKORの後のアルファベット2文字はレンズの群数や枚数等構成を表しています。

QFは4群6枚。

 

HI-MATIC Eのレンズは、非常にキレのある描写と定評がありまして。私も一度は使ってみたいものです(*‘∀‘)

 

 

 

白黒ではこちらのカバーの色が違っていました!(地味な違い)

 

 

 

 

 

 

通販はこちら。お散歩カメラにいかがですか?

ぜひぜひご覧ください!

HI-MATIC E→https://www.nisshin-camera.com/product/16183

HI-MATIC E ブラック→https://www.nisshin-camera.com/product/16597